プロダクトの力で、「仕事を選ぶ」を簡単に。

田中 智文 × 八巻 将俊 × 古賀 友規

スタンバイ事業部

田中:大学卒業後、SIerとしてWebアプリケーションの開発やOSSクラウド基盤の調査・検証、スクラム開発の導入支援に従事。2014年 ビズリーチに入社し、スタンバイの開発に従事。

八巻:大手ECサイト運営企業にて、様々なサービスのディレクター職を歴任。友人を通じて2015年に入社。スタンバイ事業のディレクションや事業開発を担当。

古賀:前職はWeb制作会社にて各種アプリケーションの開発業務に従事。「自分でプロダクトを改善したい」「より柔軟なキャリアを描ける組織で働きたい」と考え、2015年に入社。スタンバイの開発を担当。

  1. トップ
  2. 社員インタビュー
  3. スタンバイ事業部対談

圧倒的な成長と変化を続けるプロダクトに携わる

八巻:スタンバイというサービスは求人に特化した検索エンジン。そこでは求人情報の量と質、その両方が求められます。「仕事を変える」ということは、人生における一大イベントです。ただ、今までの日本では仕事探しが非効率な部分も多かった。それをスタンバイは変えようとしています。

古賀:私は日頃ユーザーに利用いただくアプリの開発を担当しており、検索精度の向上や、「ユーザーによって情報の価値が異なる」という点を踏まえたアルゴリズムの設計などを手がけています。他にも、続々と新機能がリリースされるスタンバイでさまざまな開発に携わっています。スタンバイはとにかく成長スピードが圧倒的に速い。これまでも、地図検索や動画面接、スカウトといった大規模な機能追加が行われました。

田中:スタンバイはまだ新しいサービスなので、その中身は驚くほどに進化を続けています。エンジニアとしてもやるべきことが刻々と変化し続けるため、飽きることがありません。経営層にも技術に通じている人間がいて、彼らが社会的に価値のある、かつ挑戦しがいのあるビジョンを描いてくれるので、常に全力を傾けられる環境だと思います。

すべての人が、手軽に理想の仕事を見つけられる未来をつくりたい

八巻:スタンバイには、「負」の課題をテクノロジーで解決してくという考えが浸透しています。私たちは求職者の「面接に行く時間がない」「仕事選びが大変」といった煩わしさを減らしていきたい。既にスマートフォンを使ってチャット感覚で選考を進められたり、動画面接機能で顔を見ながら面接できたりしますが、これからはこれをどう定着させるかが重要だと思っています。

古賀:求職者の「負」を取り除くため、私たちはユーザーの声に耳を傾けることを優先しています。実際、パートで働く主婦の方々にヒアリングを行い、具体的にどのような機能があるべきか、従来のサービスにある課題は何かなど徹底的に調査しました。このように、開発メンバーが直接ユーザーに聞きに行ってこそ、本当に良いプロダクトを作ることができると私たちは考えています。

ビズリーチを通じて実現したいキャリア

田中:ビズリーチは無駄な会議を嫌い、それぞれがリソースを自分のミッション、役割にきちんと投下できる環境です。私は後輩をリードする立場にはいますが、自分自身の技術力もより一層磨きたいと思っています。ビズリーチには技術力を高められる仲間・環境がありますし、エンジニアリングもマネジメントも、という欲張りなタイプの方に向いていると感じますね。

古賀:エンジニアは良くも悪くも工数を第一に「できる」「できない」を判断しがちですが、ビズリーチに来て「できる理由からはじめよう」というクレドに出合い、それを体現できるようになってきたと思います。守りではなく攻めを意識したエンジニアとして、これからも世の中に面白いことを仕掛けていける人材になりたいです。

八巻:ビズリーチには、新たな事業を立ち上げるための制度も整っているので、いずれは本当のゼロから事業づくりを経験したいですね。とはいえ、まずは新規事業であるスタンバイを成長させるところから。経営陣とも近い距離で働ける今の環境を楽しみながら、自分の成長につなげていこうと思います。

スタンバイで仕事選びを簡単に

田中:スタンバイは、世の中のすべての求人情報を集約し、求職者の方が簡単に、効率的に仕事を見つけられるサービスを目指しています。現在、国内最大級の700万件以上の求人を扱っていますが、これでも国内にあるすべての求人を網羅できているわけではありません。なぜなら、ホームページを持っていない企業も多いからです。私たちは、それを解決するため、無料で簡単に求人ページを作成できる「スタンバイ・カンパニー」というサービスも提供しています。企業が求人情報を手軽に発信できれば、今まで知ることのできなかった情報がオンライン上で可視化され、求職者の選択肢を広げることにもつながります。あわせて、企業が求職者にアプローチする際の仕組みも改善していくことで、双方にとってより有益なプラットフォームにしていきたいです。

八巻:転職活動、採用活動全般における制約や障壁を、インターネットを用いて取り払い、より自由でオープンな市場を形成することが私たちのミッションです。「人材」は企業にとってもっとも重要な原動力でありながら、採用業務は非常に大きな課題を抱えています。昨今では人材不足によって、事業成長機会が阻害されている企業も多く存在します。スタンバイでは、アルバイト・パート層への「スカウト」に代表されるような新しい機能提供を通じ、これまでにないマッチングの機会を生み出すことで課題解決に挑戦しています。日本中のすべての求人情報がオンライン上で可視化され、応募から採用までのプロセスがインターネットで完結するような世界を目指しています。

古賀:世の中にはさまざまな人、さまざまな企業が存在しますが、その中には条件に合う仕事をなかなか見つけられない人、求めている人材になかなか出会えない企業も多く、それぞれが大きな悩みを抱えています。そういった悩みを解決するために、私たちは「スタンバイ」というプロダクトを提供しています。スタンバイでは、地図を使って家の近くや駅周囲の仕事を探せる機能や、企業がアプリひとつで求職者にアプローチできる機能など、これまでにない新たな価値を提供してきました。私たちは、これからも求職者と企業の双方が、簡単で早く、効率的に出会える未来の実現を目指し、新たな価値を提供していきたいと考えています。

スタンバイ事業部 スタンバイ事業部
すべての社員インタビューを見る
Reach One