1. トップ
  2. 社員インタビュー
  3. 小川 晋一郎

Choose Your Passion.
サービス企画 兼 データサイエンティスト
小川 晋一郎 / Shinichiro Ogawa

Profile

2008年、東京大学を卒業後、大手情報サービス会社に入社。「不完全燃焼したくない、仕事で燃え尽きたい」との思いから、本当に自分のやりたい仕事は何かを模索し、法人営業、コンサルタント、新規事業企画を経てデータサイエンティストの道と出会う。2014年、ビズリーチに入社後は、培ったデータ分析やレコメンド技術を生かし、サービス企画を担当。現在は、マネージャーとして、サービスの改善や企画、組織の構築に従事。

01 データ分析の力を生かしながら、
サービス企画の道へ

大学時代、周りと同じ道を選ぶなんて嫌だ、とにかく早く成長できる会社を選ぼうと考え、新卒では起業したい志向の人が多く在籍する大手情報サービス会社に入社しました。その会社では営業、コンサルを経て、最後はデータ分析の仕事を専門にし、それなりに実績も出しました。しかし次第に、そのままデータ分析の道を進むより、ユーザーにとっての価値を考え、サービスをつくりたいと思うようになりました。つまり事業そのものをつくる仕事をしたいと思うようになったのです。その会社は既に事業や組織ができ上がっており、新しく何かをつくる環境ではないと感じたため、外の世界で勝負しようと、転職活動を始めることにしました。

ちょうどそのころビズリーチから声がかかり、話を聞きにいくことに。すると、自分が持っているデータ分析の知識も生かせ、やりたかった企画の仕事もできる、これから事業をつくる理想的な環境だと判明。さらに社長の南の情熱や、それを冷静に支える経営陣にもひかれ、入社を決断しました。

02 多様なバックグラウンドから集った
仲間から学べる環境

今は「ビズリーチ」サービスの改善や企画を担当しています。「ビズリーチ」を劇的に進化させ、ユーザーにとってよりよい価値を生み出そうとする、とてもチャレンジングな取り組みで、刺激的です。

私にとって幸いなのは、サービス設計を学べる上司が近くにいること。経営や組織づくりについては経営陣から直接学ぶこともできます。これは、ビズリーチが採用に力を入れていて、優秀な人材を獲得できているからこその環境。このように、挑戦できる機会が多く、近くに学べる人もいる。これは最高の環境だと思っています。

03 チャンスは与えられるものではない、
面白い仕事は自ら取りにいくもの

私は、現状の価値観を壊し、社会に新たな価値を提供することに喜びを感じるタイプです。そのため、新しい価値を提供するサービスを設計し、またそうしたサービスを次々生み出す組織をつくりたいと考えています。

2014年8月に立ち上げた3名のチームは、約1年で10名の組織となりました。このように、ビズリーチは今、急拡大しています。事業成長に伴い、やるべき仕事は多いのですが人が足りないため、挑戦したい人にはいくらでもチャンスがあります。ただ、チャンスはただ与えられるものではありません。待っていれば誰かが教えてくれるものでも、勝手に挑戦できるものでもないのです。自ら学ぼうという強い意志、チャンスをつかみ取ろうとする意志が大事だということもビズリーチでは強く感じています。このチャンスを取りにきた仲間と新たなステージを創りたいと思っています。

他の社員インタビューを読む

すべて見る