目標は、事業をリードするエンジニア。

坂本 龍太

HRMOS事業部 エンジニア 2013年新卒入社 大学卒業後、2013年にビズリーチに新卒入社。エンジニアとして2つの新規事業の立ち上げに携わった後、社内のITシステム構築やコーポレートサイトの全面改修を手がける。現在は戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」の開発に従事。
  1. トップ
  2. 社員インタビュー
  3. 坂本 龍太

プロダクトドリブンで社会に影響を与えられる企業へ

大学時代、ベンチャー企業の社長にインタビューするブログを友人と運営し始めたことが、自分の転機になりました。ベンチャーの話を聞くにつれ、大手企業で自分のキャリアについてきちんと考えずに働くことが、むしろリスクだと感じるようになり、個の力が高められる、ゼロイチのフェーズを経験できる組織で働きたいという思いが日に日に強くなっていました。

ベンチャー界隈の起業家から「エンジニアが足りない」「ITベンチャーではエンジニアが主役だ」聞いており、自分も技術の世界に飛び込むことを決意。そして、せっかくエンジニアとして働くのであれば「プロダクトドリブンで、社会に影響を与えられる企業に行きたい」「創業期の勢いがある企業で働きたい」と考えていたところ、ブログでインタビューした中でも年齢が近く、最も憧れた方がビズリーチに転職。その方に声をかけていただいたことがきっかけでビズリーチの選考を受けることになりました。

インターネットの力を活用し、世の中とうまく接続することができれば、一個人でも途方もない可能性を持てるはずだという思いが募っていたなかで、ビズリーチが掲げる「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」というミッションにも共感し、創業間もないインターネットカンパニーで働くことを決めました。

常に成長を余儀なくされる、飽きがこない社風

入社して驚いたのは、とにかく環境が目まぐるしく変わること。エンジニアとしての経験が乏しかったため、Webデザイナーのサポート業務から始め、半年後にはエンジニアとして新規事業の立ち上げを2つ連続して担当。また、社内ITシステムのサポートを行ったり、当社コーポレートサイトの全面改修を手がけたりもしました。現在は「HRMOS勤怠管理」というサービスの設計開発を担当。エンジニアが主体となって開発を進めており、その中身や機能は常に変化し続けています。

ビズリーチの一番面白いところは、社員を飽きさせない仕組みだと考えています。当社には2年以上同じプロダクトで同じ業務を追いかけている社員はあまりいないでしょう。急成長を続ける組織の中では新しいことに挑戦し続ける環境が意図的に作られ、マンネリ化することがありません。今も新規事業が続々と立ち上がっており、ゼロから何かを生み出すという経験を何度も積み重ねられます。私も事業をリードできるエンジニアに近づけているという実感があります。

「全員が創業メンバー」を体現する組織の一員として

ビズリーチは「全員が創業メンバー」というバリューを定めています。もちろん、ビズリーチに入社したことが「創業メンバーになること」とイコールではありません。仲間や組織と成長痛を味わい、社会に確かな価値を提供するための努力をいとわない人が、ビズリーチには集まっており、一人一人が追いかけるミッションや役割を見れば、誰もが「創業期」に近い仕事をしています。

組織の成長が自分の成長に直結することは間違いありません。そのような環境の中で、自身の成長に貪欲な方、社会に対して何らかの形で価値貢献したいという思いに共感できる方と、肩を並べて働きたいですね。

テクノロジーの力で、すべての人の仕事における生産性を最大化したい

すべての人が最大限に活躍し、最も付加価値の高い仕事に集中できる未来を作りたいです。テクノロジーの力で、人に関するあらゆる情報を集めて分析・最適化し、あらゆる煩雑な仕事を代替する高度で使いやすいツールを提供することで、目指す未来を実現したいです。特に、現在急速に進化している人工知能関連技術やIoT等を用いて開発できるのは、エンジニアとしてとてもワクワクしていますし、社内にいる各分野のスペシャリストたちを巻き込んで大きなビジョンを実現していく環境は、毎日刺激的です。

すべての社員インタビューを見る
Reach One