1. トップ
  2. 社員インタビュー
  3. 竹添 直樹

Technology Changing the World.
チーフアーキテクト
竹添 直樹 / Naoki Takezoe

Profile

Webの黎明期からSIerでエンジニアとして働きつつ、オープンソース活動や書籍・雑誌の執筆で名をはせる。アジャイル開発やフレームワークの構築を得意とする。現在は日本最大級の求人検索エンジン「スタンバイ」の開発を担当。Scalaの第一人者として、開発をリードしている。

01 Webの世界への憧れからOSS活動へ

高専の制御情報工学科を卒業後、SIerへ入社し業務システムを開発していました。ただ、職場とはまったく違うキラキラしたWebの世界に憧れて、帰宅後や休日を活用してオープンソース活動を始めることに。2000年代前半、当時はやっていたWikiのクローンとEclipseのプラグインをつくり、公開しました。すると多くの人が使ってくれ、出版社からも執筆依頼が来るようになったんです。ビズリーチ社内でも使用されているJavaフレームワークの本『Seasar2徹底入門』を手がけたのもこの時期。ほかにも『Scala逆引きレシピ』など、10冊以上の技術書執筆を手がけました。

02 衝撃的だったビズリーチ竹内との出会い

その後はオープンソース活動や著書がきっかけとなって大手情報通信会社に転職。ある大手企業で発足したフレームワーク開発プロジェクトにSeasarやJavaのアドバイザーとして参画したとき、現ビズリーチ取締役・竹内と出会いました。

竹内はモバイルのフレームワーク担当。エンジニアとしての技術力がずば抜けており、ビジネス感覚も持ち合わせていて、広い視野が印象的でした。プロジェクトと同時進行で自身の会社も経営しコードをバリバリ書く超人的なバイタリティーも衝撃的でした。あらゆる側面で自分はかなわないと感じた人です。

数年たってビズリーチへのお誘いを受けたわけですが、いつか竹内と一緒に仕事をしたいと思っていたので、ふたつ返事で入社を決めました。

03 日本最大規模のScala開発「スタンバイ」
技術を集結させ、世界で利用されるプロダクトに

現在は、求人検索エンジン「スタンバイ」の開発に携わっています。「スタンバイ」はScalaで開発する事業としては日本最大規模。Elasticsearch、Apache Sparkなどの最先端の技術を使って、日々更新される400万件超の求人情報のクローリングとデータベース化の改善を進めながら、海外展開に向けても準備しています。

このように、ビズリーチは自社内開発で技術的にもとても面白いことをやっている会社。だから優秀なエンジニアが集まります。技術力の高い仲間たちと、さらに技術力を高めていくことができ、求人検索エンジンという世界に通用するプロダクトづくりに取り組めるのは非常に魅力的ですね。スピード感のある環境なので課題は目の前にたくさんありますが、それをつぶしていくことにフォーカスし過ぎず、大きくスケールできるように先を見て、プロジェクトを動かすのが僕の役割だと考えています。

著書(代表的なもの)

  • Java逆引きレシピ
  • 独習JavaScript
  • Scala逆引きレシピ
  • 現場で使えるJavaライブラリ
  • Seasar2徹底入門
  • Eclipseプラグイン開発徹底攻略
  • Eclipse逆引きクイックリファレンス
  • 入門Wiki―みんなで投稿/編集できるWebの作りかた

オープンソース(代表的なもの)

他の社員インタビューを読む

すべて見る