新卒マーケットに変革を起こすビジネスを。

藤田 拓秀

新卒事業部 ビジネス&メディア開発グループ マネージャー 2013年新卒入社 大学在学中に友人たちと起業後、2013年にビズリーチに新卒入社。「ビズリーチ」のコンサルタントとして企業の幹部人材の採用支援に従事。その後新卒採用領域における「ニクリーチ」の事業責任者を務め、現在はOB/OG訪問を通じて大学生のキャリア形成を支援するサービス「ビズリーチ・キャンパス」のコンサルタントとして従事。
  1. トップ
  2. 社員インタビュー
  3. 藤田 拓秀

学生時代の起業で失敗を経験。事業創りの最先端を知るためにビズリーチへ

私は、大学在学中に友人と起業したのですが、食べていくのに困らない売り上げが得られる程度までしか事業をスケールさせることができませんでした。ある時、事業相談というかたちで南と初めて会い、そこで一言、「世界のトップ経営者と並ぶ覚悟はできているか」と尋ねられ、言葉に詰まってしまいました。「それなら事業の創り方を最前線で見てみないか」と声をかけてもらい、友人たちと一緒にビズリーチへ入社することに。

入社してから今まで、とにかく多くの機会をもらっています。入社3年目で「ニクリーチ」という新規サービスの立ち上げを任されたときも、経営層との何気ない会話から自然に「自分がやります」という言葉が出て、実際に任せてもらいました。

ただ、学生時代に起業していたとはいえ、事業計画書も組織マネジメントも、その経験ではカバーできず、徹底的に指導を受けました。「自分がやっていたことはおままごとみたいなものだった」と痛感させられると同時に、それでも周囲の期待に応えようと、途中で投げ出すことなく、とにかくがむしゃらに走り続けました。

今振り返れば足りないことだらけでしたが、別の部署から力のあるメンバーが異動してきて、さらにインターン生たちも頑張ってくれたおかげで、会社としての目標を達成できました。そのときの喜び、そして周りへの感謝の気持ちは非常に大きなものでした。

新卒採用という巨大マーケットに変革をもたらしたい

ビズリーチは次々にサービスを企画・開発していますが、そのすべてでホームランを狙う会社。マーケット構造を分析し、理想的な未来と現実のギャップを見つけて、そこを質の高いサービスで埋めにいく。だからラッキーヒットは存在しないというのがビズリーチ流の考え方であり、それをゼロから体験できたのは非常に大きかったと思います。とにかく業界について調べ尽くし、頭がちぎれるほど考え、事業の作り方を体で覚えました。

スカウト型就活サイトのニクリーチは、企業からスカウトが届き「一緒に焼き肉を食べませんか」と誘いがかかることもある、これまでになかったサービス。「新卒マーケットに乗り込むぞ」という強い意志を持って生まれました。

また、昨年にはニクリーチ以外にも、学生が社会の第一線で活躍する社会人の声を直接聞くことができる「ビズリーチ・キャンパス」をローンチしました。今の新卒採用は受験と一緒で、偏差値順のように人気企業が並べられ、上から順に入社したい人が集中する。そして面接での質問を想定し、自己分析を通じてアイデンティティーを短期間で確立させ、表層的な印象で選考が進んでしまうことが多いのが現状です。キャリアは就職活動期間だけ考えればよいものではないし、もっと自分らしくあるべきだと思っています。この旧態依然として仕組みが定着しているなかで、新卒採用に新たな一石を投じることができるのではないかと考えています。

本気で「世の中を良くしたい」と思える仲間と一緒にビジネスがしたい

ビズリーチは常に新しいことに挑戦し続けている組織であり、このDNAは今後も変わらないでしょう。一緒に働く仲間の数がどれだけ増えても、上から与えられた指示を黙々とこなすだけの人は合わない、自ら考え、自ら行動しようという熱さを秘めた組織です。

だからこそ、自分からチャンスを取りにいく気概がある人と一緒に働きたいと思っています。ビズリーチはあらゆる意思決定の主語に「お客様」が来る組織です。この「お客様」とは企業でもあり、サービスの利用者でもあります。ビズリーチが関わるすべての人たちがより便利に、より幸せになれるサービスを真に追求できるこの組織で、高い熱量を持って働ける仲間とぜひ出会いたいですね。

すべての人に、幸せの選択肢を提供できる社会をつくりたい

世の中の非合理や不条理を取り除き、すべての人が自らの望む人生を選択できる未来をつくりたいです。日本は物質的にも豊かになり、特別なことが起こらない限り、生きていくことのできる社会になったと実感しています。同時に、これまでの「幸せな生活の象徴」というものが、一様ではなくなってきているとも感じています。これからの時代においては、個人が自身の培ってきた価値観を大切にし、幸せになるための意思決定ができる、そんな社会をつくっていきたいと思っています。その第一歩として、まずはすべての学生が画一的な枠組みや社会通念に左右されることなく、自由な選択ができる仕組みをつくり、広く社会に浸透させていきたいです。

すべての社員インタビューを見る
Reach One