世界をリードするエンジニアたちと、世界を良くするプロダクトを。

菅谷 信介

AI室 マネージャー 横浜国立大学大学院修了後、外資系の大手ソフトウェアメーカーに入社。その後、ソフトウェア開発会社でプロダクトディレクターなどを歴任。現在は「スタンバイ」の研究開発を牽引する。他にApache PortalsでProject Management Committee兼コミッターを務め、Seasarプロジェクトなどのオープンソースプロジェクトでもコミッターとして活動。現在は九州大学大学院に在籍し、機械学習研究者としての顔も持つ。代表的なオープンソース:Apache Portals(PMC兼コミッター)、Fess(Founder)、Codehaus
  1. トップ
  2. 社員インタビュー
  3. 菅谷 信介

機械学習に魅了され研究の道へ。
7年越しの誘いでビズリーチに参画

新卒では外資系の大手ソフトウェアメーカー入社し、ソフトウェアの国際化と地域化などの開発を任されていました。検索システムを手がけるようになったのはソフトウェア開発会社でポータルサーバーの開発を担当してから。さまざまな企業の検索エンジン基盤を開発するなかでその先の技術を考えたとき、学生時代に学んだ機械学習の必要性を感じました。そのため、最新の技術を学ぼうと、現在も仕事の傍ら大学院の博士後期課程で本格的に研究しています。

ビズリーチに出会ったきっかけは、あるプロジェクトでともに開発担当として仕事をした取締役・竹内でした。ビズリーチ創業時から「一緒に仕事をしよう」と誘ってもらっていましたが、2014年に「一緒に検索エンジンをつくろう」とあらためて声をかけられ、その情熱と目指す世界観に心を動かされました。検索サービスとして最高のレベルを目指しているという話を聞き、刺激をもらえる環境で機械学習の知識を存分に生かせると思ったため、ビズリーチに加わることを決めたのです。

検索エンジンの開発、そしてAI室立ち上げを経て見えてきた世界

現在は日本最大級の求人検索エンジン「スタンバイ」に表示される検索結果の品質向上に取り組んでいます。求人検索エンジン「スタンバイ」が掲げる未来図は壮大です。HR領域においてGoogleの検索品質を上回ること。探したい仕事を相談すれば最適な求人情報を推薦してくれる、求職者にとってのパーソナルアシスタントにすること。高い山に向けた階段を一歩ずつ、優秀なエンジニアたちと一緒に作り続けてきました。その結果、2016年2月に「Yahoo!しごと検索」(旧「Yahoo!求人」)の検索エンジンをスタンバイが提供することが決まりました。また2016年11月、これまでにビズリーチ全社で培ってきた知見を集約することを目指し、AI室が新たに立ち上がり、私もその一員となりました。

AI室の役割は、AIや機械学習、データマイニングの最先端を追求する研究開発を土台とし、これらの技術をどう事業に生かしていくかを用意すること。私自身、エンジニアとデザイナーが別職種であるように、エンジニアとリサーチャー(「研究者」の立場から製品・サービスの開発に携わる職種の意)もまた別の存在だと考えています。事業会社である以上、利益は創出する必要がありますが、新たな挑戦も忘れてはならない。その中核を担うのがビズリーチのAI室です。自分たちがリサーチした新技術が実際のサービス開発に活かされるという、普段の業務や研究室では得難い経験を積むことができる環境であることは間違いありません。AI室からApacheコミッターが4人も誕生したことは、その現れだと感じています。

ビズリーチのためだけでなく、世界のために技術力を磨きたい

ビズリーチが取り扱うさまざまなサービスでは、求人票、職務経歴書、勤怠情報など生身の人間をテキスト化し、データベース化したものが多く扱われています。しかし、今までの機械では文字列は理解できても、その「意味」までは理解できていませんでした。これがAIや機械学習の爆発的な進化により、少しずつセマンティックな検索ができるようになりつつあります。真の意味で人と情報を適切にマッチングできる、そんな時代が到来しつあるのです。

ビズリーチが手がけるサービスはどれもエンジニアにとっては技術的難度が高いものばかり。まずはそれらをローンチし、改善を繰り返しながら精度を高め、世界に必要とされるプロダクトをスピーディーに生み出していく。そのサイクルが回り続けています。そして、そのサイクルのなかで得た知見やノウハウを、オープンソース活動などを通じて世界に発信できることも、ビズリーチならではの魅力だと感じます。

ビズリーチのエンジニアは、日々生まれる新しい技術をキャッチアップし発信し続けることで、世界をリードするようなエンジニア集団になることを目指しています。

「面白いことがしたい」を持った仲間が集まるから、できることがある

コミッターに就任したり、学会に論文を提出したり、オープンソースの活動をしたりと、R&D寄りの活動も推進しているAI室ですが、そのモチベーションの源泉は単純で、「面白いことがしたい」という一点に尽きます。現時点でApacheのコミッターが4名もいる事業会社は珍しいかと思いますが、それは「面白いこと」を追求したい仲間が集っている証拠でもあります。私たちが感じているこのワクワク感を社内に、そして世界に発信することが、AI室の使命だと考えています。

※所属、業務内容は取材時点の内容となります。

すべての社員インタビューを見る
Reach One