1. トップ
  2. 社員インタビュー
  3. 松岡 幸一郎

Challenge is Our Game.
サーバーサイドエンジニア
松岡 幸一郎 / Koichiro Matsuoka

Profile

早稲田大学創造理工学部卒業。2011年に大手外資系SIerに入社し、金融業務システムの要件定義や開発業務に従事。サービスを成長させるエンジニアになりたいという思いからビズリーチに入社。キャリアトレック事業のサーバーサイドエンジニアとして、サービス改善に取り組む。

01 大手SIerの4年間で見えた、
目指すエンジニア像

前職では、新卒入社した大手SIerでエンジニアとして4年間働きました。そこでは自社のサービスではなく、お客様のシステムをつくることが基本で、エンジニアが関わるのは「何をつくるのか」が決まったあと。また、リリースが終わったあとは、つくったものがどう役立っているのか知る機会はなく、自分の仕事の意義を考え込んでしまうこともありました。しばらく働くうちに、「何のためにつくるのか」を考えることのできる、企画・要件定義から実装までこなせるエンジニアになりたいと思うようになり、事業会社への転職を考えはじめました。

ちょうどそのころ参加したのが、ビズリーチ取締役・竹内のセミナーです。「これからのエンジニアは言われたものをつくるだけではなく、サービスの本質を考え、企画もこなせるようにならなければならない」という竹内の言葉は私の目指すエンジニア像そのもので、入社の大きな決め手になりました。

02 「何のためにつくるのか」、
ビズリーチで見えてきたもの

現在私は「careertrek(キャリアトレック)」のサーバーサイドの開発を行っています。入社してからまだ1年足らずですが、大きな裁量を委ねられ、さまざまな部署の人と関わっています。仕事の幅が広がるにつれて仲間やお客様から感謝されることも増え、しだいに職務の手ごたえを感じることが多くなりました。そして、自分の仕事に対する反応を社内だけでなく、ユーザーからも確認できる環境で、「何のためにつくるのか」という明確な目的を持って仕事に取り組むことができています。

03 「何のために」から「より成長させるには」

ビズリーチはコンサル、事業会社など各業界のプロフェッショナルが集まっており、刺激を受けられる上司や同僚がたくさんいます。例えば、短期間に1人で新規事業の立ち上げを行った先輩は、技術や知識の幅はもちろん、事業としてどう成果を出すのかも含めてサービス設計を考えています。そのため、自分自身も事業のROIを考えて、開発をする機会が増えたように思います。

これまでは「つくって終わり」だった私ですが、「何のためにつくるのか」、さらには「つくったサービスがより成長するにはどうしたらよいか」を考えることのできるエンジニアになりたいと思うようになりました。エンジニアとして成長し、近い将来、新規事業をゼロから立ち上げられる力をつけたいと考えています。

他の社員インタビューを読む

すべて見る