1. トップ
  2. 社員インタビュー
  3. 荒金 万琴

Painting My Career in My Own Way.
プロダクトマネージャー
荒金 万琴 / Makoto Aragane

Profile

京都大学を卒業後、法人向けソフトウェアメーカーに入社し、新規サービスのマーケティングを担当。データを活用したサービスの改善に興味を持ち、ビズリーチに入社後はデータサイエンティストとして、企業と求職者のマッチング精度向上に取り組む。現在はプロダクトマネージャーとして、「ビズリーチ」のサービス改善をリードしている。

01 データ分析という観点から、ものづくりに携わる

大学では、植物の遺伝子を用いたバイオテクノロジー分野を専攻しました。周囲は9割が大学院へ進学し、研究職に就くような環境でした。ある意味ビジネスや世間からは遠い世界で、「研究を一生の仕事とするのか」という迷いがあったため、就職活動を始めました。

そんななかでも、「自分が携わったものをたくさんの人に使ってほしい」という思いはあり、当初は製薬や食品などのメーカーへの就職を考えていました。しかし企業研究を進めていくと、キャリアスパンが長く、入社して数年は部署も固定される会社が多いことが分かりました。出産や育児など、将来のライフイベントを想定して若いうちに経験を積んでおきたいという自分の考えとの、大きなギャップを感じたのです。そんなときに出会ったのがIT系のベンチャーで、ITという分野でも自分の思いはかなえられることに気づき、最終的には法人向けソフトウェアメーカーに入社しました。

入社後はマーケティング担当としてさまざまな業務に携わりながら、広告・プロモーションのサイト・イベントなどを通じて、自社のサービスを世の中に知っていただき、使いたいと思っていただくために取り組んでいきました。そうして働くうちに、お客様からご意見をいただいたり、自分でも「こうすればもっと使いやすいのでは」などと思うことが増えたりして、提供するサービスそのものを改善するほうに興味が移っていきました。さらに、データを活用してユーザーの行動を解析すれば、意思決定の精度を上げられるのではないかとも考えていました。

ビズリーチのことを知ったのは、そのころです。はじめはお世話になった大先輩が働いている会社ということで興味を持ったのですが、詳しく聞くうちにデータ分析およびデータを基にサービスを企画する部署があると知りました。その部署には業界最大手のIT企業でデータサイエンティストとして活躍し、ビズリーチでもサービスの設計や改善に取り組んでいる人がいました。ビズリーチの持つ企画力の強さや、そこにデータサイエンス領域が大いに貢献していることを教わり、自分もデータ分析・企画という観点からものづくりに携わりたいと考え、転職を決意しました。

02 データサイエンティストから
プロダクトマネージャーへ

上司とは、まずはデータサイエンティストとしてデータ分析のスキルを身につけ、いずれは企画からものづくりに関わりたいという話をしました。そのため、はじめの数カ月はデータサイエンティストとしての基礎的なデータの扱い方を身につけ、社内横断的に各部署から求められるデータを提供したり、仮説を検証するためのデータについて議論したりするなど、企業と求職者とのマッチング精度向上に取り組んでいました。

このままデータサイエンス領域を極めていく道もありましたが、思いがけず入社から4カ月でチャンスをいただき、現在はプロダクトマネージャーとしてサービスの企画・設計を行っています。想像以上に速い展開に驚きましたが、自分がオーナーシップを持って、社内横断的にカスタマージャーニーの策定からサービス改修後の影響分析まで担当できていることに喜びを感じます。

データサイエンスもサービス企画も未経験の業務ではありましたが、先輩から教わる知識を吸収するのはもちろん、社内の有志で勉強会を行ってGAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)や統計検定2級を取得したり、分析ツールのユーザー会に参加してTipsや他社事例を学習したりと、自分から積極的に学んでいくことで乗り越えてこられたのだと思います。

03 チャンスは自らつかみにいくもの

ビズリーチでは20代や30代の若手を積極的に起用する文化が強く、主体的に考えて挙手をすれば挑戦する機会が与えられます。現在、創業に携わった経営陣は新規事業に取り組んでおり、既存事業は若手の経営陣に任されています。これは社員の成長が会社全体の成長につながるという考え方があるためで、素晴らしい環境だと感じています。めぐってきたチャンスを逃さないように、今後も努力を続け、自ら企画した事業を創れるようにしたいですね。

他の社員インタビューを読む

すべて見る