ビズリーチを知る

ABOUT BIZREACH

「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」というミッションを掲げるビズリーチ。そんなビズリーチを、働く場所として見るとどう見えるのか。こちらのページでご紹介します。
  1. トップ
  2. ビズリーチを知る

データで見るビズリーチ

DATA

多様なサービスをスピーディーに立ち上げ

サービス立ち上げ数

2018年2月現在

株式会社ビズリーチは、転職サイト「ビズリーチ」だけではなく、その他多くのサービスも展開しています。創業から9年で17のサービスを立ち上げてきました。

関連リンク:サービス一覧|株式会社ビズリーチ

サービスを通じた社会課題の解決

取引のある省庁/地方自治体の数

2018年2月現在

ビズリーチは各サービスを通じて社会課題の解決に取り組んでいます。その一環として、全国の省庁や地方自治体を「人材採用」の面で支援し、地域活性を推進しています。

関連リンク:社会の課題解決|株式会社ビズリーチ

事業成長にともない組織も拡大

社員数

社員数は正社員数を元に算出
2018年2月現在

サービスの増加とともに、組織も常に拡大しています。このグラフは正社員数を元に算出しており、その数は年々増加しています。

主体的なキャリア形成をサポート

ハンズアップ

3カ月に一度実施される社内公募制度
2018年2月現在

社員の主体的なキャリアづくりもサポートしています。ビズリーチには、自ら異動の希望を出せる社内公募制度「Hands Up!」があります。また、実際にこの「Hands Up!」を利用して新たなチャレンジを希望した社員のうち、約4割の社員の異動が実現しています。

関連リンク:キャリアは自分で切り拓く時代!ビズリーチの「Hands Up!」制度とは(ビズリーチ公式ブログ|Reach One)

復帰率

2018年2月現在

出産復職支援制度(出産からのフルタイム正社員復帰をサポートする制度)「ランウェイ」などによって、ビズリーチ社員の産休・育休後の復帰率は100%を維持しています。

関連リンク:仕事も子育ても全力で。ワーママが語る「諦めない働き方」(ビズリーチ公式ブログ|Reach One)

オライリーの本のカバー率

2018年2月現在

変化の激しいIT業界において、エンジニアの技術力向上は必要不可欠です。常に最新の技術に触れ、その技術力を高め続けるために、ビズリーチでは各種技術書を会社負担で用意。すぐ手に取ることができるよう、社内のオープンスペースに書籍を置いています。特にオライリー・ジャパン社のコンピューター技術書はすべて取りそろえています。

多様な人材の宝庫

社員データ

正社員を対象に算出
2018年2月現在

IT業界では一般的に低いといわれている女性の割合。ビズリーチの場合、3割以上と多くの女性が活躍しています。また職種別割合を見ると、プロダクトの開発に関わるエンジニアやデザイナーの割合も約3割。他にもマーケターや企画、管理、カスタマーサービス、コンサルタントなど多様な職種の社員がいます。

高い技術力

OSSコミッターの数

2018年2月現在

プロダクトに関わる社員の多さとともに、その技術力も高い水準を保持しています。GitBucketやApache PredictionIO、ScalatraなどのOSSコミッター(オープンソースソフトウエアの開発において一定の権限を有する開発者)が複数名在籍しています。

関連リンク:スタンバイ事業部インタビュー(田中智文)|社員インタビュー

関連リンク:竹添直樹|社員インタビュー

関連リンク:菅谷信介|社員インタビュー

部門を超えた活発なコミュニケーション

コミュラン実施数

2016年10月〜2018年2月までの通算

部署をまたいで、ランチを食べながら社員同士が交流し、お互いを理解する全社横断のシャッフルランチ制度「コミュラン(コミュニケーションランチ)」。社員の起案によって始まって以来、毎月多くの実施数を誇っています。

関連リンク:ランチの「ゆるいつながり」が、イノベーションの種になる(ビズリーチ公式ブログ|Reach One)

ありがとうの数

2015年10月〜2018年2月までの通算

ビズリーチには、一緒に働く仲間に日頃から感謝を伝えるカルチャーが根付いています。また月に一度、お世話になった仲間にメッセージを送り合うベストピ(ベストトピック)や、半期に一度、感謝の気持ちを伝える「サンキューレター」などの仕組みもあります。これらを合わせた「ありがとう」のメッセージは、通算で40,647通にのぼります。

制度・カルチャー

CULTURE

ビズリーチには、社員一人一人のキャリアを尊重し、大きな裁量と責任、そしてやりがいのある仕事に挑戦できる制度や、社員同士のタテ・ヨコ・ナナメのつながりをつくるカルチャーがあります。

  • ランウェイ
    ランウェイ(出産復職支援制度) 出産からのフルタイム正社員復帰をサポートする制度です。早期復帰特別賞与、幼稚園・保育園費用補助、ベビーシッター費用補助を提供することで、女性社員のスムーズな仕事復帰を支援しています。社内の適用ルールに準じて、お子さんが小学校に入学まで支給され、社員が十分にパフォーマンス発揮できる環境を提供しています。
  • マイチョイス
    マイチョイス(勤務形態選択制度) ライフステージに合わせて働き方を選べる制度です。予期せぬ親の介護など、働けなくなるリスクを恐れず、安心して働き続けてほしいという想いから形になりました。勤務日数と勤務時間などの組み合わせから自身の生活にあった働き方を一定期間選択できます。
  • クリエイターズタイム
    クリエイターズタイム(開発者向け業務制度) エンジニアやデザイナーが集中して働けるように、1日最大4時間の連続した作業時間を確保できる制度です。集中して取り組むことが、業務効率向上につながっています。
  • 社内公募制度「Hands Up!」
    Hands Up!(社内公募制度) ビズリーチが大切にしている「拍手、握手、挙手」の「挙手」を更に推進する制度として、3ヶ月に一度、社内異動に応募できる社内公募を行っています。社員が自らのキャリアを自らの手で切り拓くことを支援する制度です。
  • Bamboo!(新規事業・施策提案制度)
    New Bamboo!(新規事業・施策決議案バトル) すぐに始められる企画を1チーム3案持ち込む企画対決です。持ち込む企画は、新規事業はもちろん、社内向けの新しい仕組みや制度でも構いません。ただ、よくあるビジネスプランコンテストとは違い、実行可否について社長の南がその場で決裁し、決裁されたものは必ず実行される、というものですので、すぐに実現可能な企画になっている必要があります。
    関連リンク:新規事業・施策の決議案バトル「New Bamboo!」開催(ビズリーチ公式ブログ|Reach One)
  • コミュラン
    コミュラン(社内交流制度) 毎月新入社員を迎え、日々仲間が増えるビズリーチでは、部署をまたいだ「コミュニケーションランチ(コミュラン)」を毎月実施しています。全社員がランダムにマッチングされ、4 ~ 5人のグループでランチに行きます。お互いの理解を深めることで社内でのつながりができ、仕事をスムーズに進めることにも寄与しています。
  • FF制度(経営陣と面談が出来る制度)
    FF制度(経営陣と面談が出来る制度) 役員・本部長陣と誰でも1対1で面談をすることができる制度(Face to Face制度)です。自身で考えた新規事業案や改善案など内容はどんなことでも構いません。キャリア相談も歓迎。上下の距離を取り除き、どんなことでも発言・提案しやすい場を提供しています。
  • 1on1
    1on1 ビズリーチには、社員一人一人が上司と定期的にコミュニケーションをとるための1on1という制度があります。社員それぞれが目標を達成するために何をすべきかをじっくり話し合い、個別にきちんとフォローアップします。
  • 各種表彰制度
    各種表彰制度 四半期または半期に一度、表彰式を行っています。ビズリーチは社内外で活躍している社員をみんなで賞賛する文化があり、互いに賞賛し、そして更なる高みを目指す士気を高める場となっています。
  • ニックネーム
    ニックネーム お互いをニックネームで呼び合う文化が根付いているビズリーチ。それにより親近感が湧くだけでなく、年齢に関係ないフラットなチームを築くことができています。

企業情報

CORPORATE INFORMATION

2009年4月に始まったビズリーチの歴史は、経営陣だけでつくられたわけではなく、素晴らしい仲間たちと数多くの挑戦によってつくり上げられてきました。私たちの時代の産業革命ともいえるインターネットの力を活用して、歴史の1ページを刻んでいきませんか。

企業詳細を見る

サービス情報

SERVICE

ビズリーチは、創業8年で12のインターネット事業を立ち上げ、グローバルな舞台へサービスを展開しています。私たちにしか実現できない社会の新しい歴史、業界の新しい歴史を創り出せるよう挑戦し続けます。

サービス情報を見る

エントリー

ENTRY

ビズリーチが展開する事業は、高い技術力を持ったエンジニアやデザイナーをはじめ、様々な社員たちが手がけています。わたしたちと歴史の1ページを創りませんか?

キャリア採用情報を見る 新卒採用情報を見る
Reach One