データで見るビズリーチ

DATA

サービス立ち上げ推移や社員の多様性、制度の活用実態など、具体的な数字をもとにお届けします。
  1. トップ
  2. ビズリーチを知る
  3. データで見るビズリーチ

多様なサービスをスピーディーに立ち上げ

サービス立ち上げ数

2018年10月現在

株式会社ビズリーチは、転職サイト「ビズリーチ」だけではなく、その他多くのサービスも展開しています。創業から9年で17のサービスを立ち上げてきました。

関連リンク
サービス一覧|株式会社ビズリーチ

サービスを通じた社会課題の解決

取引のある省庁/地方自治体の数

2018年10月現在

ビズリーチは各サービスを通じて社会課題の解決に取り組んでいます。その一環として、全国の省庁や地方自治体を「人材採用」の面で支援し、地域活性を推進しています。

関連リンク
社会の課題解決|株式会社ビズリーチ

事業成長にともない組織も拡大

社員数

社員数は正社員数を元に算出
2018年10月現在

サービスの増加とともに、組織も常に拡大しています。このグラフは正社員数を元に算出しており、その数は年々増加しています。

主体的なキャリア形成をサポート

ハンズアップ

3カ月に一度実施される社内公募制度
2018年10月現在

社員の主体的なキャリアづくりもサポートしています。ビズリーチには、自ら異動の希望を出せる社内公募制度「Hands Up!」があります。また、実際にこの「Hands Up!」を利用して新たなチャレンジを希望した社員のうち、約4割の社員の異動が実現しています。

関連リンク
キャリアは自分で切り拓く時代!ビズリーチの「Hands Up!」制度とは(ビズリーチ公式ブログ|Reach One)

復帰率

2018年10月現在

出産復職支援制度(出産からのフルタイム正社員復帰をサポートする制度)「ランウェイ」などによって、ビズリーチ社員の産休・育休後の復帰率は100%を維持しています。

関連リンク
仕事も子育ても全力で。ワーママが語る「諦めない働き方」(ビズリーチ公式ブログ|Reach One)

オライリーの本のカバー率

2018年10月現在

変化の激しいIT業界において、エンジニアの技術力向上は必要不可欠です。常に最新の技術に触れ、その技術力を高め続けるために、ビズリーチでは各種技術書を会社負担で用意。すぐ手に取ることができるよう、社内のオープンスペースに書籍を置いています。特にオライリー・ジャパン社のコンピューター技術書はすべて取りそろえています。

多様な人材の宝庫

社員データ

正社員を対象に算出
2018年10月現在

IT業界では一般的に低いといわれている女性の割合。ビズリーチの場合、3割以上と多くの女性が活躍しています。また職種別割合を見ると、プロダクトの開発に関わるエンジニアやデザイナーの割合も約3割。他にもマーケターや企画、管理、カスタマーサービス、コンサルタントなど多様な職種の社員がいます。

高い技術力

OSSコミッターの数

2018年10月現在

プロダクトに関わる社員の多さとともに、その技術力も高い水準を保持しています。GitBucketやApache PredictionIO、ScalatraなどのOSSコミッター(オープンソースソフトウエアの開発において一定の権限を有する開発者)が複数名在籍しています。

関連リンク
スタンバイ事業部インタビュー(田中智文)|社員インタビュー
菅谷信介|社員インタビュー

部門を超えた活発なコミュニケーション

コミュラン実施数

2016年10月〜2018年10月までの通算

部署をまたいで、ランチを食べながら社員同士が交流し、お互いを理解する全社横断のシャッフルランチ制度「コミュラン(コミュニケーションランチ)」。社員の起案によって始まって以来、毎月多くの実施数を誇っています。

関連リンク
ランチの「ゆるいつながり」が、イノベーションの種になる(ビズリーチ公式ブログ|Reach One)

ありがとうの数

2015年10月〜2018年10月までの通算

ビズリーチには、一緒に働く仲間に日頃から感謝を伝えるカルチャーが根付いています。また月に一度、お世話になった仲間にメッセージを送り合うベストピ(ベストトピック)や、半期に一度、感謝の気持ちを伝える「サンキューレター」などの仕組みもあります。これらを合わせた「ありがとう」のメッセージは、通算で52,915通にのぼります。

特別コンテンツ

SPECIAL

採用特集ページ

FEATURES

ブログ

BLOG