プロダクトとセールス。お互いが遠慮せず、一つの事業を創りあげていく喜び。

豊田 淳平

HRMOS採用管理事業部

豊田:2014年にビズリーチに新卒入社。「ビズリーチ」サービスのエンジニアを経て、新卒採用を経験し、社内の勤怠管理ツールのインフラ、サーバーサイドを1人で開発。現在は「HRMOS(ハーモス)採用管理」のサーバーサイドエンジニアとして従事。

  1. トップ
  2. 社員インタビュー
  3. HRMOS事業部対談

プロダクトとセールス、経験も個性も違う人間たちが一つのサービスを育てる

ビズリーチの最大の強みはセールスとエンジニアの両輪が高いレベルで揃っていて、その両者がいい意味で遠慮をしないことだと思います。「一緒にプロダクト・事業を作っている」という感覚を強く感じることができていますね。エンジニア側から新機能の提案をすることもあれば、機能開発の優先順位などはセールスの意見も聞いて決めています。実際に開発した機能についても、お客様の声がセールスからスピーディーにフィードバックされますし、逆にセールスとしても自らエンジニアに提案した機能が形になるのは大きなやりがいになる、という声を聞きますね。役割の異なるメンバーがお互いに遠慮せず意見を出し合い、それをスピーディーにプロダクト・事業づくりに活かしていけるのは、ビズリーチならではだと思います。

HRMOSで人事の未来を変えたい

今、HRMOSに携わっているということは自分にとってすごいチャンスだと考えています。プロダクト開発だけでなく、どのようにして事業や組織を立ち上げていくのかまで含めて考えられるのは、HRMOSという生まれたてのサービスに携わる良さだと思っています。

現在のHRMOSのゴールは、HR(人事)に関することをすべてできるようにすること。多機能だけど使いやすい、改修も早い、そんなサービスを目指しています。最低限の機能があって使い勝手が悪くてもある程度許されることがBtoBサービスの歴史にはあると思っていますが、私たちは使い勝手もデザイン性も良いBtoCサービスのようなプロダクトにしていきます。途方もない挑戦ですが、だからこそやりがいもあると考えています。

未来は予想できない。だから、面白い

「HR テック(HR×Technology)」はとても注目されている領域のため、大手企業からスタートアップ企業まで参入し、競争が激化しています。前例がなく新しい挑戦ばかりのため、自分たちの手でPDCAを回し続ける必要があります。ただその分、自分たちが「未来を作っている」という感覚を常に味わうことができていますね。

私は、未来を作るために必要なのは、大胆な人材だと思っています。HRMOSはエンジニアから見ても難度がとても高いプロダクトであり、技術的なジャンプアップが必要になります。作る人が増えて、多機能になっても挙動が遅くなれば意味がない。HRMOSで事業づくりに携われば「より良いものを、たくさん作る。でもスピードはより速く」という技術的なジレンマを楽しみながら、アイデアを発信する人材へと成長できると考えています。

HRMOSが当たり前になる世界をつくりたい

企業で働く方々から「なんでHRMOS入れてないんですか?入れましょうよ!」って言ってもらえるような世界をつくりたいです。 企業の中では、採用から入社、育成、活躍までの過程で、多くの部署や人が関わり、業務を行っています。その業務は、口伝的だったり、非効率な場合も多いのではないでしょうか。一方で、それを解決するために、新しい人材を雇用したり、独自の社内ツールを作っている会社も少なくないと思います。HRMOSというプロダクトを通じて、今まで煩雑だったオペレーション業務を可視化・効率化し、企業、そしてそこで働く人にとって不可欠なパートナーになりたいと考えています。

さらには、本当の意味で「働く個人」をエンパワーできるプロダクトを目指していきたいという想いがあります。 社員のオペレーションを単に効率化して、蓄積されたデータを一部の経営者が分析するようなものではなく、透明性のある組織づくりによって、社員個々人が自由に発想できる、その助けになるものを作りたいですね。 それは個人が輝くことによって企業が輝く世界であり、BtoBとBtoCの融合だと思います。技術的にもビジネス的にも非常にチャレンジングですが、その過程自体を仲間と楽しみながらやっていきたいです。

※所属・業務内容は取材時点のものです。

HRMOS事業部 HRMOS事業部
すべての社員インタビューを見る

特別コンテンツ

SPECIAL

採用特集ページ

FEATURES

ブログ

BLOG