チャレンジの打席にたくさん立って、組織と自身を成長させ続けたい。

高山 藍

人事本部 人財採用部 キャリア採用グループ 新卒で外資系ホテルに入社し、ウエディングプランナーとして勤務。その後、大手広告会社の営業、大手通信会社の新規事業部を経て、2015年にビズリーチ入社。入社後は、挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」の企業向けコンサルタントを経て、チームリーダーに。現在は人財採用部キャリア採用グループでリクルーターを担当。
  1. トップ
  2. 社員インタビュー
  3. 高山 藍

自分よりも圧倒的に優秀な人のなかに身を置きたい

新卒で外資系ホテルに就職し、「ウエディングプランナーになりたい」という以前からの夢をかなえました。 新郎新婦のお二人に寄り添った提案を行い、式当日を迎えることができたときの喜びや達成感は、ウエディングプランナーならではの仕事の醍醐味(だいごみ)。 そんな素晴らしいやりがいを感じながらも、自分次第で成約率が変化する営業的側面にも面白さを感じるようになり、いつしか「法人向けの提案営業を極めたい」と思うようになりました。 その後、広告会社や通信会社でさまざまな提案営業職を経験し、「圧倒的に成長している企業で、事業の課題を解決する力を身につけたい」と考えていたなかで出会ったのが、ビズリーチでした。

ビズリーチには、「価値あることを正しくやろう」「最高の仲間と歴史を創ろう」などのバリューがあります。 私がもともと大事にしていた価値観がまさに言葉に表されていて、運命だと思えるほど強い共感を抱きました。 また、選考が進み多くの社員と話をするなかで、そのバリューを体現している優秀な方が多く、それが会社の急成長につながっていると感じました。 この環境に身を置くことで自分はさらに成長できる。そう確信し、ビズリーチに入社して新しいチャレンジを始めることを決意しました。

提案営業としてゼロ→1を経験

入社後は、企業様の採用を支援するコンサルタントとしてキャリトレ事業部に配属されました。 当時はサービスが立ち上がったばかりで、プロダクト自体も未完成、サービスの提案手法やKPI(重要業績評価指標)についてもこれから考えていくというタイミング。 ゼロから新規事業を拡大させるため毎日が課題解決の連続でした。先が見えないなか、さまざまな試行錯誤を経験することができました。

特に思い入れを持って取り組んでいたのは、提案手法のノウハウ確立とメンバー育成です。 未完成で明確な答えがないからこそ、トライアル・アンド・エラーを猛スピードで繰り返し、そのなかの成功パターンを仕組み化して、チームに展開しました。 企業様のタイプを診断できるシートを作って、タイプ別の提案を実践するメンバー向け研修プログラムもつくりましたね。 やがて、多くのメンバーが成果を出せるようになり、3人から始まったチームは30人の規模に成長しました。 こうした経験を経て入社後1年でリーダーとなり、組織マネジメントも経験。 提案手法の仕組みづくりだけでなく、事業と組織づくりにも携わることができ、私自身も大きな成長を実感できました。

キャリアの可能性が広がった、上長からの打診

そんななかで、上長から人事への異動を提案されました。 キャリトレ事業部内でのキャリアプランを描いていた私にとっては、人事というキャリアが想定外でとまどいました。 しかし、これまで私が培ってきた提案営業のスキルはもちろんのこと、さまざまな業界職種経験、もともと持っていたバランス感覚などの素養を生かせるのではないかと思うようになり、異動を決めました。

実際、異動後、まるで初めての仕事ではないかのように、すっと業務に入れました。 これまでの多様な業界職種経験や、さまざまな経験を経て形成された人生観など、私だからこそ候補者の方に伝えられることがたくさんあることを知り、自分そのものを生かせる仕事だと感じましたね。 私自身がキャリアに向き合って選択してきた経験があるので悩める候補者の気持ちがわかりますし、個人向け・法人向けの提案営業や、新規事業開発、人事の経験があるので、これからキャリア選択をする候補者へアドバイスできます。 そして人事は経営に最も近い組織。自分にチャレンジする環境を与えてくれる会社、事業に貢献できることがやりがいにつながっています。

会社の中核となる場所で課題解決ができる

入社当時は「圧倒的に成長している企業で打席に立ちたい」と考えていましたが、上長が提案してくれた「これまでの人生経験そのものを生かし事業成長に寄与する」人事の仕事を通じて、想像を超えた挑戦ができています。 人事という立場で事業に貢献するというやりがいを見つけた今、同じ思いを持った大切な仲間と共に歴史を創りたい。 そして、私たちに共感してくれる新しい仲間と出会うためにも、もっと貪欲に成長し続けたいと思います。

※所属・業務内容は取材時点のものです。

すべての社員インタビューを見る

特別コンテンツ

SPECIAL

採用特集ページ

FEATURES

ブログ

BLOG