2020年9月18日

株式会社ビズリーチ

ビズリーチ、SMBCグループの「テレワーク導入支援プログラム」に参画 国内最大級の即戦力人材データベースの提供を通じて中小企業等の採用力向上を推進

Visionalグループの株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:多田 洋祐 以下、ビズリーチ)が運営する、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」は、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(執行役社長グループCEO:太田 純 以下、グループを総称して「SMBCグループ」)と株式会社三井住友銀行(頭取 CEO:髙島 誠 以下、SMBC)が実施する「テレワーク導入支援プログラム」*1に参画することをお知らせいたします。

同プログラムは、対象企業の「ビズリーチ」利用にかかる費用の一部をSMBCが負担する取り組みです。同プログラムを通じて、中堅・中小企業の採用力向上を推進することを目的にしています。

*1詳細はSMBCの公式サイト(https://www.smbc.co.jp/hojin/)をご確認ください。

ビズリーチ SMBC

「テレワーク導入支援プログラム」における「ビズリーチ」の利用概要

・ 実施期間:2020年9月18日~2020年12月25日*2
・ 主な対象企業:SMBCの法人口座を保有する企業*3かつ、過去1年以内に「ビズリーチ」のご契約がない企業
・ 実施内容:実施期間中に「ビズリーチ」に契約した場合、利用料のうち、一定金額をSMBCが負担します。
・ 特設ページ:https://bizreach.biz/landing/smbc/

*2プログラムの予算上限に達した場合は早期に終了する場合がございます。
*3法人向けインターネット窓口「ValueDoor」のIDおよびビジネスマッチングサイト「Biz-Create」の利用登録が必要になります。

株式会社プラリタウン(SMBCグループ)代表取締役社長 並木 亮 氏 コメント

当社はSMBCグループの子会社として法人向けプラットフォーム事業を提供しており、「テレワーク導入支援プログラム」の主要機能を担っております。このたび、株式会社ビズリーチが、当社とパートナーシップを締結したこと、またテレワーク導入支援プログラムへ参画していただけることをうれしく思います。採用とは全ての企業にとって共通の大きな経営課題です。今後、企業が厳しい経営競争を勝ち残っていくためには、企業自らが優秀な人材を能動的に採用できる体制を構築することが重要だと考えます。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、対面での採用活動は難しくなっていますが、インターネット上で全国の候補者にアプローチが可能な「ビズリーチ」を活用することで、これまで出会えなかったような優秀な人材を採用できるチャンスを広げられると確信しています。今回の協業を通じて、国内企業の採用におけるデジタル化を支援していきたいと思います。

即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」について

ビズリーチは企業と求職者が直接やりとりできるプラットフォームがなかった人材業界において、人材データベースを企業に開放することで採用市場を可視化しました。また、企業が求職者へ自らアプローチできるプラットフォームを提供することで、企業が必要としている人材を採用するために、あらゆる手段を主体的に考え、能動的に実行する採用活動「ダイレクトリクルーティング」を推進し、優秀な人材のスピーディーな採用をご支援しています。また、求職者も今まで知りえなかった企業からアプローチを受けることで、キャリアの可能性と選択肢を最大化することが可能です。現在は累計14,100社以上、213万人以上(2020年8月末現在)の会員の方にご利用いただいています。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ビズリーチ 広報担当
東京都渋谷区渋谷2-15-1
お問い合せはこちら

過去のお知らせ

プレスリリース