2019年2月25日

株式会社ビズリーチ

PDFファイルで表示

挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」が、
五反田バレー、品川区と「エンジニア はしご酒オフィスツアー」初開催
~IT人材争奪戦のなか、ベンチャー企業14社が総勢約100名のエンジニアを募集~

株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎 以下、ビズリーチ)が運営する、挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」は、五反田エリアのスタートアップで構成される一般社団法人 五反田バレー(所在地:東京都品川区/代表理事:株式会社マツリカ 代表取締役Co-CEO 黒佐 英司 以下、五反田バレー)、および東京都品川区と共同で、本日2月25日から3月1日までの5日間、「エンジニア はしご酒オフィスツアー」を初開催します。五反田エリアにある企業のオフィスを20代若手エンジニアが「はしご」しながら巡り(2~3社/日)、CTOや現場エンジニア社員と交流することで、五反田の街と企業の魅力を体感してもらいます。

エンジニア はしご酒オフィスツアー

六本木、渋谷に続き、スタートアップの聖地として注目される「五反田」

六本木や渋谷と比べ、賃料を安価に抑えられ、交通の利便性が高い五反田は、創業間もないスタートアップの拠点として注目が集まっています。実際に、2016年から2018年で25社が五反田に移転(※1)しており、さらに、日本経済新聞社が実施した「NEXTユニコーン調査」(※2)108社のうち、五反田に位置するユニコーン企業は9社に及びます。この動きをさらに加速するべく、2018年7月に品川区の協力のもと設立されたのが「五反田バレー」です。五反田バレーは、より多くのスタートアップを五反田エリアに集め、五反田の地から新たな産業を生み出すことを目指しています。

事業成長に必要不可欠なエンジニアの採用を、キャリトレが支援

品川区は、IT・スタートアップ企業向けの新たな支援施策として2019年度の予算案におよそ7,600万円を盛り込む方針で、品川区内の企業のエンジニア採用費用を一部助成する予定です。五反田バレーの会員企業を含む支援対象企業の多くは従業員の平均年齢が20代から30代前半であることから、若手の即戦力を求めています。そこでキャリトレは、20代優秀層が多く登録している特性を生かし、五反田の街の魅力の一つである多種多様な飲食店を「はしご酒」しながら各企業のオフィスを回ることができる、エンジニア向けのイベントを開催することになりました。

五反田バレー ベンチャー企業特集ページを公開

イベント開催に合わせて、「キャリトレ」のサイト上に特集ページを設け、イベント参画企業14社の求人特集を実施(期間:2019年2月25日~3月24日)し、総勢約100名のエンジニアを募集します。キャリトレ会員は、特集ページから、イベントで興味を持った企業の求人に応募することが可能です。

特集ページURL:https://www.careertrek.com/mypage/special/gotanda_valley_1902/

エンジニア はしご酒オフィスツアー 概要
日時・期間 2019年2月25日(月)~3月1日(金)19:00~22:00
※各日程2~3社を回ります
対象 若手エンジニア 約20名/日
※3つのグループ(5~7名/1グループ)に分かれて各企業のオフィスを回ります。
参加企業(敬称略・五十音順) <2月25日(月)19:00~22:00>

・セーフィー株式会社 (クラウド録画サービス「Safie」を開発・運営)
・dely株式会社 (料理・レシピ動画サービス「kurashiru」等を開発・運営)

・株式会社トレタ (飲食店向け予約/顧客管理システム「トレタ」等を開発・提供)

<2月26日(火)19:00~22:00>

・ナイル株式会社 (Webコンサルティング事業、およびアプリ情報サイト「Appliv」、自動車サブスクリプション「マイカー賃貸 カルモ」を開発・運営)

・株式会社ユニラボ (日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」を開発・運営)

・株式会社よりそう (葬儀・供養のWebサービス「お坊さん便」「よりそうのお葬式」等の開発・運営)

<2月27日(水)19:00~22:00>

・株式会社ZEALS (国内No.1の会話広告サービス「fanp」を開発・運営)

・株式会社Pathee (地域情報メディアの「Pathee」および、小売店舗のデジタルマーケティング支援SaaS「Patheeパートナー」を開発・運営)

・株式会社ローカルワークス (リフォームマッチングサイト「リフォマ」・建設業界向け支払いサービス「ローカルワークスペイメント」の開発・運営)

<2月28日(木)19:00~22:00>

・有限会社グリーンフラグ (宿泊管理システム「PAGURO(パグーロ)」の開発・販売、およびシステム開発支援)

・コグラフ株式会社 (ソフトウエア開発とデータ分析力を生かしたトータルソリューションをワンストップで提供)

<3月1日(金)19:00~22:00>

・株式会社ココナラ (得意を売り買いできるスキルのフリマ「ココナラ」等の開発・運営)

・balconia株式会社 (Webサイト制作、システム開発、マーケティング支援、プロダクト開発を行うデジタルプロダクション)

・株式会社マツリカ (AI搭載の営業支援ツール「Senses」を開発・提供)

※1 ヒトカラメディア調べ
※2 日本経済新聞社が、日本ベンチャーキャピタル協会とベンチャーキャピタル(VC)各社の協力を得て、将来の成長が期待される企業価値30億円以上のスタートアップ企業を抽出した。スタートアップの集積地「ビットバレー」と呼ばれる渋谷は13社。

参考情報:日本における企業のIT人材不足

2018年6月に発表された、政府が推進するIT戦略「世界最先端デジタル国家創造宣言※1」では、「ITを活用した社会システムの抜本改革」を行い、ITを最大限活用した効率的な社会システムを構築することが目標に掲げられています。このように、ITは日本の産業の成長にとって重要な役割を担うことが強く期待されている一方で、2030年にはIT人材の不足は約59万人程度※2(中位シナリオ※3)まで拡大するとの推計結果がでており、人材不足は今後より一層深刻化する可能性が高いことがわかります。

※1 平成30年 高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部「世界最先端デジタル国家創造宣言」
※2 平成28年 経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」
※3 「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査」では、将来の市場拡大見通しによって低位・中位・高位の3種のシナリオが設定されており、低位シナリオでは市場の伸び率を1%程度、高位シナリオでは2~4%程度(アンケート結果に基づく将来見込み)、中位シナリオではその中間(1.5%~2.5%程度)と仮定しています(※2)。

一般社団法人 五反田バレーについて

(参照:https://gotanda-valley.com

2018年7月、五反田に本社を構える株式会マツリカ、freee株式会社、株式会社ココナラ、セーフィー株式会社、株式会社トレタ、株式会社よりそうの6社が「社会課題を解決するスタートアップ企業を増やす」ことを目指して設立。五反田エリアの認知度向上や会員企業と地域の連携強化などを主な活動としており、五反田エリアで定期的にイベントを開催しています。会員企業は、正会員と賛助会員を合わせて約20社です(一般会員除く)。

挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」について

(参照:https://www.careertrek.com/

キャリトレは、キャリア形成に前向きな20代のための転職サイトです。興味がある求人をアプリで選択することで、より自身の志向性に合う求人がレコメンドされるようになり、興味がある企業からもスカウトが届くようになります。使えば使うほど、潜在的なキャリアの可能性を発見できます。

また、企業が求職者へ自らアプローチできるプラットフォームを提供することで、「欲しい」人材を獲得するためのあらゆる手段を主体的に考え、能動的に実行する採用活動「ダイレクトリクルーティング」を推進し、優秀な20代のスピーディーな採用を支援しています。

2019年2月時点の会員数は51万人以上で、掲載求人数は192,000件以上、累計利用企業数は6,500社以上です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ビズリーチ 広報担当
東京都渋谷区渋谷2-15-1
お問い合せはこちら

過去のプレスリリース

お知らせ

メディア掲載実績