2021年10月25日

株式会社ビズリーチ

首都圏等で活躍中のセキュリティ人材4名が、11月より高知高専で授業開始 高専機構×ビズリーチ、高専機構初の「副業先生」就任式開催 2023年度にかけて、本実績をモデルケースに他の国立高専への展開を目指す

Visionalグループの株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:多田洋祐)が運営する、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」と、独立行政法人国立高等専門学校機構(所在地:東京都八王子市/理事長:谷口功 以下、高専機構)は、国立高専で唯一サイバーセキュリティ専門のコースを設置する高知工業高等専門学校(所在地:高知県南国市/学校長:井瀬潔 以下、高知高専)の「副業先生※1」をビズリーチ上で公募※2しました。その結果、首都圏等在住のITプロ人材4名が副業先生として着任することが決定し、本日、就任式を開催しました。

※1:副業先生とは、IT人材として企業で活躍しながら、国立高専の実務家教員として実践的な授業を担当する先生です。
※2:公募ページURL:https://www.bizreach.jp/job-feed/public-advertising/yjyhy9v/

高専機構×ビズリーチ、高専機構初の「副業先生」就任式開催

就任する4名の副業先生は、高知高専の情報セキュリティコース5年生向けの科目「情報セキュリティマネジメント」「情報工学実験II」「ネットワーク セキュリティII」等を担当し、11月より主にオンラインで授業を開始予定です。

高専機構は、ITプロ人材を副業先生として招き、オンライン授業を活用することで、タイムリーで実践的な教育の提供の実現を目指します。また、本公募の実証結果を踏まえ、現行の中期計画が終了する2023年度にかけて他の国立高専への展開を目標としています。

タイムリーで実践的な教育の提供を目指し、首都圏等で活躍するIT人材4名が着任

今回公募を実施した高知高専は、全国で唯一、情報セキュリティ専門のコースを設置しており、サイバーセキュリティ人材育成事業(K-SEC)※3でも中核拠点校として活動しています。日々、サイバー攻撃が高度化・巧妙化するセキュリティ領域は、特に具体的な事例や最新情報からの学びが求められる一方で、変化のスピードが速いデジタル社会においては、次々と最新技術や事例が更新され、既存の教員だけではタイムリーで実践的な教育の提供が難しいのが実情です。そこで高専機構は、ビジネスの第一線で活躍する民間企業のITプロ人材を副業先生として招き入れることで、その経験や知見に基づいた授業の提供を開始したいと、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」上で公募を実施しました。その結果、首都圏のIT企業でCISO(情報セキュリティを統括する責任者)として勤務する方や、自動車関連企業でセキュリティエンジニアとして勤務する方など4名が副業先生として着任することが決定しました。実務の最前線で積んできた経験を生かした授業を実施していただくことで、学生の学びの質の向上を目指します。

※3:サイバーセキュリティ人材育成事業 URL:https://k-sec.kochi-ct.ac.jp/promotion-system/index.html

本公募で着任が決定した副業先生のコメント

・40代/東京都在住/セキュリティ関連製品開発・販売企業勤務

担当科目:情報工学実験II(サーバーおよびネットワークの構築技術や関連する情報セキュリティ技術についての学習および演習を行う)
高専OBの一人として後進育成に強い関心があり、「副業先生」のポジションに応募しました。
サイバーセキュリティはDXの推進により、専門部署だけが請け負う業務から、すべての事業部門が課題認識し対処すべき業務へと変化しています。この背景下において高専生に対しては「知識」と「スキル(技能)」だけでなく、現場での「心得」も習得してほしいと願っています。そこで、現役エンジニアの立場から、ビジネス環境で生かせる視点を伝え「情報管理の要」となる人材を輩出できるよう取り組んでいきます。

・40代/東京都在住/暗号資産交換業・ブロックチェーンサービス企業勤務

担当科目:ネットワークセキュリティII(ネットワークに接続されたホストを攻撃する手法、またそれらの脅威から守るための技術について学ぶ)
IT業界に身を置く一人として、サイバーセキュリティ人材はまだまだ不足していると感じています。そこでこれから就業予定の若い方々が一人でも多くサイバーセキュリティに関心をもって頂きたいと考え、応募させて頂きました。
サイバーセキュリティがIT業界でどれだけ重要視されているかを体感頂けるような授業を行えるよう精一杯頑張らせて頂きます。

・40代/愛知県在住/自動車関連企業勤務

担当科目:ネットワークセキュリティII(ネットワークに接続されたホストを攻撃する手法、またそれらの脅威から守るための技術について学ぶ)
高専の後輩にサイバーセキュリティの知識・経験を伝えるため応募しました。
昨今、サイバーセキュリティ人材の不足が叫ばれるなか、その育成に貢献できることに大きなやりがいを感じております。また、私自身も後輩から新たな刺激を受けられることを期待しております。

・40代/東京都在住/セキュリティプラットフォーム企業勤務

担当科目:情報セキュリティマネジメント(情報資産のセキュリティを管理する情報セキュリティマネジメントシステムの策定・実施について学ぶ)
世界中でサイバー人材不足のなか、セキュリティを学ぶことで国を超えて活躍する友人がたくさんいます。セキュリティを学ぶ機会を広く提供することで、みなが活躍する機会を持ち、一緒に安全な社会を作っていけたらと思い、応募しました。

国立高等専門学校機構 理事長 谷口 功 氏 コメント

国立高等専門学校機構 理事長 谷口 功 氏

国立高等専門学校機構(以下、高専機構)は、基盤とする専門分野にデジタル技術に関する能力を組み合わせて、Society5.0時代のDX社会を先導するDX人財の育成、特に、日々重要度が増している情報セキュリティ人財の育成を推進しています。

今般、急速に進化する情報関連技術への対応を強化し、より一層、社会の要請に応えるため、高度なサイバーセキュリティ教育を推進できる現場感覚のあるプロフェッショナル人材教員)数名を副業・兼業限定で公募し、200名近い現職の方にご応募いただきました。人財育成に情熱を持った多くの皆様に関心を寄せていただきましたこと、心より御礼申し上げます。

兼任していただく先生方には、高専機構の人財育成に新風を吹き込んでいただき、現場感覚と最新技術を兼ね備えた社会変革を担う高度な人材(「社会のお医者さん」でありイノベーターとしての人財)の育成にご尽力いただくことになります。また、リモート教育をも駆使して、全国の51高専が連携した新しい学びも提供したいと考えています。

高専機構は、これからも国際的な視野に立って、輝く未来を創り出す人財育成に向けてさまざまな改革を進めてまいります。

高知工業高等専門学校 校長 井瀬 潔氏 コメント

高知工業高等専門学校 校長 井瀬 潔氏

このたびの現場感覚のあるプロフェッショナル人材(教員)の公募におきまして、たくさんの方からご応募いただいたことに大変感謝申し上げます。

選考を進めるにあたり、他の授業でも登壇していただきたいと思える方が多くいらっしゃったことから、結果的に4名の方にお願いすることにしました。

情報セキュリティコース5年生の「情報セキュリティマネジメント」の授業では、情報資産のセキュリティを管理する情報セキュリティマネジメントシステムの策定・実施を、実務を含めて学びます。1名の方は、全15回の授業のうち5回を担当していただくべく、すでに授業担当教員との話し合いを始めています。また、他の3名の方には、ネットワークの構築や情報セキュリティ技術について演習する「情報工学実験II」と、サイバー攻撃の脅威から守る技術を学ぶ「ネットワークセキュリティII」の授業を複数回担当していただくように進めていきます。

今回お願いする方々には、セキュリティの最新技術と知識を学生に伝えていただくのみならず、その授業を教員が見学させていただくことや意見交換の場を設けることで、学校全体への刺激をいただくことにも期待しており、この新しい風を受けて新しい教育のあり方を作っていこうと考えています。

即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」について

ビズリーチは企業と求職者が直接やりとりできるプラットフォームがなかった人材業界において、人材データベースを企業に開放することで採用市場を可視化しました。また、企業が求職者へ自らアプローチできるプラットフォームを提供することで、企業が必要としている人材を採用するために、あらゆる手段を主体的に考え、能動的に実行する採用活動「ダイレクトリクルーティング」を推進し、優秀な人材のスピーディーな採用をご支援しています。また、求職者も今まで知りえなかった企業からアプローチを受けることで、キャリアの選択肢と可能性を最大化することが可能です。

URL
求職者向け:https://www.bizreach.jp/
採用企業向け:https://bizreach.biz/service/bizreach/

株式会社ビズリーチについて

「すべての人が『自分の可能性』を信じられる社会をつくる」をミッションとし、2009年4月より、働き方の未来を支えるさまざまなインターネットサービスを運営。東京本社のほか、大阪、名古屋、福岡、静岡、広島に拠点を持つ。即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」、人財活用プラットフォーム「HRMOS(ハーモス)」シリーズ、挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」、OB/OG訪問ネットワークサービス「ビズリーチ・キャンパス」を展開。2020年2月、グループ経営体制への移行にともなって誕生したVisionalグループにおいて、主にHR TechのプラットフォームやSaaS事業を担う。

Visionalについて

「新しい可能性を、次々と。」をグループミッションとし、HR Tech領域を中心に、産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するさまざまな事業を展開。「ビズリーチ」をはじめとした採用プラットフォームや、人財活用プラットフォーム「HRMOS」シリーズを中心に、企業の人材活用・人材戦略(HCM)エコシステムの構築を目指す。また、事業承継M&A、物流Tech、サイバーセキュリティ、Sales Techの領域においても、新規事業を次々に立ち上げている。

URL:https://www.visional.inc/ja/index.html

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ビズリーチ 広報担当
東京都渋谷区渋谷2-15-1
お問い合せはこちら

過去のプレスリリース

お知らせ